index

2008.12.30

2008年に読んだ本

停電の夜にnterpreter of Maladies
Hell-Heaven
Unaccustomed Earth
Jumpa Lahiri The Namesake
戸田山和久 「論文の教室」
本田由紀 「家庭教育の隘路」
幸田文 「流れる」
須賀敦子 「ミラノ 霧の風景」
ナタリア・ギンズブルク 「ある家族の会話」
ガブリエル・ガルシア=マルケス 「コレラの時代の愛」
内山節 「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」

|

2008年に見た映画

もう、このサイトにきちんと映画評を書くことがなくなってしまったので、別サイトのメモ、手帳などからこの一年に見た映画を拾い出してみました。
映画館で見たのは23本。映画が見たいのに思うように見に行けない!と欲求不満の募る1年だったので、それでも月平均2本見ていたというのが意外です。でも、そのうち、お子様サービスで見たのが「ドラえもん、ポケモン、紀元前一万年、ナルニア、ポニョ」と5本ですからね。以前はよく見ていた韓国映画を1本しか見てないし、中国語圏映画も2本だけ。やっぱり、自分が見たくて見にいった映画が10数本ですから、全体としては少なかったですね。
でも、本数が少なかった分、ハズレも少なかったと思います。劇場で見たものにだけ★をつけてみました。

1月
 「バブルへGO!」(TV)
 チャーリーとチョコレート工場(TVとレンタルDVD)
 「モーターサイクル・ダイアリーズ」(TVで再視聴)
 「その名にちなんで」★★★
 「カンナさん、大成功です」★
 「迷子の警察音楽隊」★★
 エンジェル★★
2月
 「サラエボの花★★★
 「星になった少年」(TV)
 「オリバー!」(TV)
 「ガス燈」(TV)
 「アマデウス ディレクターズカット」(TV)
 「君の涙、ドナウに流れハンガリー 1959★★★
 長江哀歌★★★
3月
 ある愛の風景★★★
 「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」
4月
 ファーストフード・ネイション
 「オリバー・ツイスト」(TV)
 「胡同の理髪師」★★
 「夜顔」★★
 「トスカーナの休日」(TV)
5月
 「紀元前一万年」
 「ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女」(TV)
 「つぐない」★★★
7月
 「ナルニア国物語 第二章 カスピアン王子のつのぶえ」★
 「時をかける少女」(TV)
 「ポケモン ギラティナと氷空の花束シェイミ」
9月
 「接吻」★★★
 「ネコナデ」
10月
 「ざくろの色」★★
 「社葬」(TV)
11月
 コレラの時代の愛★★★
  マルタのやさしい刺繍★★
12月
 落下の王国★★
 「崖の上のポニョ」★

続きを読む "2008年に見た映画"

| | コメント (0)

2007.12.30

Book タイトル 2007

2007.4
 あかね空山本一力
 算法少女遠藤寛子
 プリンセス・マサコベン・ヒルズ
 受けてみたフィンランドの教育実川真由・実川元子
 蝸牛の鳴く山桜栄寿三
 山の女たちの「聖戦」柳本通彦

|

2006.12.30

Bookタイトル2006/1〜2006.12

2006.1
 食品の裏側安部司
 素数ゼミの謎吉村仁
 プリオン説はほんとうか?福岡伸一
2006.2
 わが心の軌跡中谷瑾子
2006.3
 東京アンダーグラウンドロバート・ホワイティング
 大阪「鶴橋」物語  ごった煮商店街の戦後史藤田綾子
 「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス好井裕明
 幕末単身赴任 下級武士の食日記青木直巳
 ウェブ進化論梅田望夫
2006.4
 民話で知る韓国ちょん・ひょんしる
2006.7
 遺伝子組換え食品 どこが心配なのですかアラン・マキューアン
2006.8
 バックラッシュ!
 女の本屋の物語中西豊子

|

2006.12.27

2006年に見た映画

今年は、けっこうよく映画を見た方だと思う。独身時代は別として、この数年間ではもっとも見た年だろう。でも、このサイトをほったらかしにしてしまったので、ここにはほとんど映画のことを書いていないのである。
いつかちゃんと書きたいと思うが(そのいつかは永遠に来ない)、忘れないうちに見た映画の名前だけあげてみる。
○日本映画 8本
かぞくのひけつ、「寝ずの番」、「フラガール」、「ナミィと唄えば」、「かもめ食堂」、アダン「ニワトリはハダシだ」「メゾン・ド・ヒミコ」。
○日本映画(アニメ)4本
「ドラえもん のび太の恐竜2006」、「クレヨンしんちゃん、踊れアミーゴ」、「名探偵コナン」、「ポケットモンスター」。
○韓国映画  9本
、「春がくれば」、「おばあちゃんの家」(BSで放映)、「力道山」「ぼくが9歳だった頃」「酔画仙」、「天日干し赤唐辛子を作る」、「家族プロジェクト」、「送還日記」。
○中国映画 2本
世界
胡同のひまわり
○モンゴル映画 1本
「天空の草原のナンサ」
○英語圏映画(アメリカ・イギリス・アイルランド・ニュージーランド)7本
「プルートで朝食を」、「トランス・アメリカ」、「ブロークバック・マウンテン」、「さゆり」、「サムサッカー」
「スターライト・ホテル」(ビデオ)、「テラーピーク」(TV)。
○フランス映画 2本
「薬指の標本」、
親密すぎるうちあけ話
○ポルトガル映画 1本
永久の語らい(BSで)。
○セネガル映画 1本
「母たちの村」。
○ドイツ映画 1本
「太陽に恋して」。

ベストを選ぶのは難しいな。

続きを読む "2006年に見た映画"

| | コメント (2)

2005.06.30

Bookタイトル2005.1〜2005.6

2005.1
  『人間の本性を考える 心は空白の石版か』 スティーブン・ピンカー
  『太りゆく人類 肥満遺伝子と過食社会』 エレン・ラペル・シェル
  『物は言いよう』 斎藤美奈子
  『気になる部分』 岸本佐知子
  『漢方小説』 中島たい子
  『フェミニズムはなぜ没落したか』 荷宮和子
  『ミミズのいる地球』『ミミズに魅せられて半世紀』 中村方子
  『子どもを救う給食革命』 伏木亨・北山敏和

2005.2
『京のオバケ 四季の暮らしとまじないの文化』
『沖縄人はどこから来たか』
『泡盛の文化誌 沖縄の酒をめぐる歴史と民俗』、
『泡盛の考古学』

『やっぱり美味しいものが好き』
『泡盛はおいしい 沖縄の味を育てる』、
『泡盛とともに 佐久本政敦自叙伝』、
『沖縄豆腐料理80選』、
『新版 シマヌジュウリ 奄美の食べ物と料理法』、
『写真集 波照間島 祭祀の空間』

『もう牛を食べても安心か』
『最後の錬金術師カリオストロ伯爵』
『子乞い』
『食はイスタンブルにあり』
『クソマルの神話学』
『脳の進化学』
『豆腐道』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.31

Book タイトル2004.7〜12

2004.7
文学的商品学
自然好き・自然離れ
ブレンダと呼ばれた少年
日本ノ霊異ナ話
女子中学生の小さな大発見、百足(ムカデ)の足を数えてみました。
東京原発

2004.8
  『日本人の死のかたち 伝統儀礼から靖国神社まで』 波平恵美子
  『天保悪人伝』藤沢周平
  『神、人を喰う』六車由美
  『世界でいちばん熱い国小林信彦
2004.9
  『ネコの毛並み』野澤謙
  『浅間山大噴火』渡辺尚志
  『川満児童文学館』
  『ハングルと唐辛子 沖縄発・東アジア行ったり来たりの文化論』津波高志

2004.10
  『村の名前』辻原登
  『マシアス・ギリの失脚』池澤夏樹
  『リヴァイアサン』ポール・オースター

2004.11
  『sawa sawa』中川真

2004.12
  『200万都市が有機野菜で自給できるわけ』吉田太郎
  『崖っぷち弱小大学物語』杉山幸丸
  『大学の授業を変える』古宮昇
  『サヨナラ学校化社会』上野千鶴子
  『韓国は一個の哲学である』小倉紀藏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.30

Book タイトル 2004.1〜2004.6

2004.6のエントリー
  アマバルの自然誌

2004.5のエントリー
  人生の広場
  砂糖の世界史
  女人禁制
  日本料理文化史
  遊び心とおもしろ心の社会学入門
  カエルを釣る、カエルを食べる

2004.4のエントリー
  青い地図 キャプテンクックを追いかけて
  <ホクレア号>について語ろう
  世界を食いつくせ!
2004.3のエントリー
  FUTON
  旅行記でめぐる世界

2004.2のエントリー
  たそがれ清兵衛、竹光始末
  腸チフスマリー

2004.1のエントリー
  食の世界にいま何がおきているか
  食のリスクを問いなおす
  クジラの島の少女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.31

Book タイトル 2002.9〜2003.12

2003.12のエントリー
  変わる家族・変わる食卓
  バカの壁
  ケータイを持ったサル

2003.10のエントリー
  フリーダ・カーロ 引き裂かれた自画像

2002.9のエントリー
  蘭に魅せられた男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

about this site | book | cinema | diary | exhibition & event | frogs | index | Korea