« パチャママの贈りもの | トップページ | 劔岳 点の記 »

2010.02.10

悪人

吉田修一著。
新聞連載後、単行本化され、かなりの書評で絶賛されて何かの賞も取ったし、この秋には映画も公開されるという話題作。

購読している朝日新聞に連載されていたが、現代美術家の束芋の手になる挿絵が気持ち悪くて、読めなかった。その後もなかなか手に取る気になれなかったのだが、水村美苗の「本格小説」が気に入った人なら面白いはずというお勧めもあって、文庫化されたのを機会に一気読みした。。

長崎、佐賀、福岡を舞台にしたある孤独な殺人犯と被害者、彼らを取り巻く人々の綾なす運命。
殺した男と、殺さなかった男。殺された女と、殺人者と共に逃げた女。
登場人物たちはさまざまな人の目を通して立体的に描かれる。
殺人を犯した主人公の男、彼と共に逃げることを選んだ女、この二人の置かれている境遇の「行き所のなさ」と、ちょっと美化されすぎているかなと思うくらい、悲しいほどナイーブで誠実な内面。
たしかに、彼らの衝動的な行動に共感できない部分もあるかもしれないけれど、作者はそれを見下すのではなく、そうせざるを得ないところに追い込まれた事情を解きほぐすように描いている。
そして、読者は、知らず知らずのうちに犯人の男と、彼とともに逃げた女の側に立って、彼らを受け入れなかった社会を敵視したくなってくる。

もしも、新聞の三面記事でこのような殺人事件が報じられて、犯人がこれこれこういう男、というように数行その経歴や職業が書かれる。ああ、こんな生い立ちだから仕方がないんだとか、どうせろくなヤツではないに違いないとか、その数行からすばやく判断する。テレビのワイドショーが一時的に追いかけることもあるだろう。でも、それらはどれほど彼を理解することに役に立つだろう。私たちはそれほど彼に共感することもなく、むしろ、自分とは関係のない世界の「反社会的」存在として向こう側に追いやってしまい、いつかは忘れてしまうに違いない。
「悪人とは誰なのか」というこの小説の惹句は、このストーリーにだけ当てはまるのではない。世の中に数多ある犯罪加害者の側の物語に、私たちは型どおりの「悪」の概念を超えた想像力をもつことができるはずだ。

 

|

« パチャママの贈りもの | トップページ | 劔岳 点の記 »

book」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パチャママの贈りもの | トップページ | 劔岳 点の記 »