« 2008年に見た映画 | トップページ | K-21 怪人二十面相・伝 »

2008.12.30

2008年に読んだ本

停電の夜にnterpreter of Maladies
Hell-Heaven
Unaccustomed Earth
Jumpa Lahiri The Namesake
戸田山和久 「論文の教室」
本田由紀 「家庭教育の隘路」
幸田文 「流れる」
須賀敦子 「ミラノ 霧の風景」
ナタリア・ギンズブルク 「ある家族の会話」
ガブリエル・ガルシア=マルケス 「コレラの時代の愛」
内山節 「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」

|

« 2008年に見た映画 | トップページ | K-21 怪人二十面相・伝 »

book」カテゴリの記事

index」カテゴリの記事